FPの家の住み心地がいかに素晴らしいかをお客様と接している営業マンが皆様に小声でつぶやいています。


by noguchi-fp

槻岡建設旅行日記控2

7月13日 旅行2日目
朝9:00ホテル出発。

仙台市にあるホテル「岩田屋」から仙台市内を縦断して
まずは「大崎八幡宮」参拝。
この神社は坂上田村麻呂が創祀し、その後室町時代に
現在地へ遷祀されました。
とにかく大変古い宮ですが装飾がきらびやかで驚きました。
e0131560_17433079.jpg

e0131560_17455973.jpg

十二支信仰において乾(戌亥)の守護神であり戌歳・亥歳に
ご利益があるとのことをガイドさんから聞いたものですから
早速亥歳生まれの息子のためにお守りを買わせていただきました。
八幡宮参拝が終わり次は旅行につきもののお買い物センターへ。
仙台土産といえば笹かまぼこでしょう。
ということで鐘崎ベルファクトリーに行きました。
みんな抱えるくらいのお土産を買ってニコニコ顔です。
バスに再搭乗し高速道路を使い一路村田市へ。
ここでは「白鳥神社」と「蔵の町並み」の見学です。

まずは「白鳥神社」へ。
ヤマトタケルノミコトゆかりの神社と聞いていなければ
普通に村の鎮守様かと思えるような小さな神社です。
しかしさすがタケルノミコトがらみです。
ミコトが敵に囲まれ危うくなったときに大蛇が炎を吐いて助けてくれ
後に大藤になったという「奥州の蛇藤」がみごとでした。
e0131560_180397.jpg

また樹齢1000年といわれるケヤキの木も存在感たっぷりです。
e0131560_182456.jpg


小雨の中ブラブラと歩いて行くとポツリポツリと蔵が見えてきました。
「蔵の町並み」です。
とはいっても川越のような観光目的の蔵ではないそうで
保存が大変難しくかなり数が減っているようです。
しかし表からは気がつかなかったのですがどこも奥行きが長く
蔵の後ろに蔵が続いていました。
みんなで1軒の蔵に入り内部を見せていただきました。
そこは昔「酒、醤油」などの醸造屋で「やましょう」といいます。
ご子孫の奥さんが説明をしてくれいかに維持をしていくのが
大変かわかりました。
中には吹抜けがあり空間が広いのですが一歩入ると
「冷っ」としとても涼しく感じたのですがやはり土壁が厚いので
考えたらFPの家と同じ「高断熱の家」です。
e0131560_18151290.jpg

また本物の箱階段があり登ったのですが一段一段が高く
結構上り下りが大変です。
e0131560_11175727.jpg


蔵の街村田を離れバスは白石市へと向かいます。
高速に乗っている間大雨になってしまいました。
白石では昼食と白石城見学があるのですがこの調子では
城見学は無理かなぁという雰囲気です。
昼食場所の磐梯白石店に着き案内係りの後ろに従って行けば
そこは牛タンの世界。
やはり仙台方面に行ったら牛タンでしょうということで
ポイントは抑えてあります。(写真撮影は抑え忘れました。)
食事中に雨も上がり空は一転して青空に。
それでは白石城へ行こうとなりバスに再搭乗です。
食事処からすぐそばにお城はありバスから降りたところ
雨上がりの後でしたので非常に蒸し暑く
ヒーヒー言いながら坂道を歩きました。
しかし苦労をしたかいもあり白石城はとても美しく立派です。
e0131560_11314938.jpg

この旅行で初めての集合写真を撮りました。
e0131560_11381338.jpg

お城の中は本格的な木造建築です。
初日の廟所同様歴史に浸るもの、建築造作に浸るもの
様々な思いで有意義な時間を過ごさせてもらいました。

白石城を後にしバスは一路大泉へと向かいました。
心地良い疲れと宴の後の寂しさを乗せバスは無事予定通り
18:40に大泉文化むらに到着。
たくさんのお土産を持って皆さん三々五々家路へと戻りました。
今回はブームに便乗した旅行でしたが想像以上に
楽しく有意義な旅行となりました。
皆さん、お疲れ様でした。

最後に館林観光バス(株)の杉山添乗員さん、川島運転手さん、
中野ガイドさん二日間本当にありがとうございました。
次回の旅行でもお会いできましたら幸いです。



人気ブログランキングへ
[PR]
by noguchi-fp | 2009-07-15 17:25 | ぶらぶらと