FPの家の住み心地がいかに素晴らしいかをお客様と接している営業マンが皆様に小声でつぶやいています。


by noguchi-fp

花菱倒産

太田市の住宅会社である「花菱」が倒産しました。
未完の建物50棟、契約後未着工10件だそうです。(東京商工リサーチ調べ)
ちまたの噂にて去年あたりから危ないとは聞いていましたが
社長は夜逃げ、社員は雲隠れしてしまったそうです。

今年の始めには大手ハウスメーカーの富士ハウス。
春にはアーバンエステート。
と大型の住宅会社倒産がありました。
そこに今度は地場で身近な中堅ビルダーの倒産です。
こうなっては新築を注文するのにとっても
不安になってしまうのではないでしょうか。
11年前に私は自宅を新築しましたがその時に考えたことは
「地場の工務店はいつ倒産するか分からない。」ということでした。
それでハウスメーカーを中心に施工店を探したのですが
今では大手のハウスメーカーでもいざ注文となると
二の足をふんでしまうでしょう。

それでは新築を考えている人はどうしたらいいのでしょうか。
「会社の経営内容を確認させてもらう。」
言うのは簡単ですが決算内容は見せてもらえないでしょうし、
花菱のように手形を切らないで業者への支払いを遅らせていると
負債金額も分からず優良会社に見えてしまいます。
そうしたらどうすれば良いのか。

契約に完成保証をつけてもらうのはいかがでしょう。
第三者機関が完成を保証するのならば安心ではないでしょうか。
建ててからの瑕疵保証は国の義務で現在は100%つきます。
しかし完成保証はまだ遅れているのが現状です。
ですので施工会社が倒産すると未完のまま放置されてしまうのです。

私たちの加盟しているFPグループは以前から完成保証を義務付けしています。
万が一施工会社が倒産してもFPグループの他の会社が引き継いで
完成させお施主様にお引渡しを約束しています。

前者の倒産した会社に共通している中に、倒産前の契約で
契約金を多く支払ってもらえば工事費を安くしますという手口があります。
しかし完成保証がある場合保険金額までの支払いしか受け取れません。
1000万円の保険金額なら1回の支払いで
1000万円までしか支払えないのです。

11年前の私の時代よりも工法も増え施工会社を探すのは
大変かもしれません。
また肝心な完成への安心はより厳しくなっています。
普通に工事が始まり普通に引き渡され安心して生活できる。
まずはそれが保証された会社を探していただきたいものです。
いや、探さなくてはいけないでしょう。



e0131560_10145944.gif
[PR]
by noguchi-fp | 2009-05-27 09:22 | 建築